腰や首に発生するヘルニアの原因と治療方法

ヘルニアは骨の周辺に異常が発生する病気です。腰の部分に症状の出るのが腰椎椎間板ヘルニア、首の後ろ部分に症状の出るのが頚椎椎間板ヘルニアです。場所は違っても病気の仕組みはほぼ一緒です。腰椎や頚椎はいくつかの骨が重なっていますが、この骨と骨の間に存在する椎間板が飛び出してしまい神経を刺激することで不快な症状を発症します。ではどうして椎間板が飛び出してしまうのかについては、日常生活の姿勢や動作が主な原因です。腰や首の部分に負担がかかるような姿勢を長時間続けていると、筋肉が凝り固まって骨の向きにも影響を与えます。例えば腰の場合、前かがみになるような姿勢はよくありません。常に曲がった状態をキープしていますから、腰椎の後ろ側に椎間板が徐々に飛び出し、腰痛を引き起こすリスクが高まります。前かがみの代表的なものとして中腰の作業、デスクワークがあげられます。ただ前かがみの状態よりも、重い荷物を持ったり運んだりする作業を継続的に行っている人ほどヘルニアになるリスクが高くなるとされます。そのため、男性に腰椎椎間板ヘルニアの患者が多く見られます。重い荷物でなくても、1日中座りっぱなしのタクシードライバーや配送業のトラック運転手などもヘルニアにかかりやすい職業としてよく知られています。腰や首に力が入るようなスポーツを長く続けている人も、ヘルニアの症状を起こしやすいタイプです。姿勢や動作だけでなく、老化もヘルニアの主な原因です。人は年齢を重ねると内臓の組織が徐々に劣化しますが、これは椎間板も同様です。劣化によって骨の圧力に耐えられず、椎間板の膜が破れて中の組織が飛び出し、神経を圧迫して症状が出ます。この他の原因として、遺伝的な要因や喫煙が疑われています。腰や首のヘルニアは治すことが可能です。治療方法として手術があります。昔は切開手術が主流でしたが、現在は医療技術の進歩で内視鏡手術を受けることが可能です。ごく小さな傷口で済むため、体への負担が少なく、回復の早さがメリットです。悪化した椎間板を取り除いたり、元の位置に引っ込めたりするなど様々な手術方法が存在します。しかし、本当に手術が必要なほど重症な患者は殆どいません。メスを入れずに薬物を注入して症状を和らげる、リハビリや生活の癖を改善する工夫などで治療するのが大半です。実はヘルニアになったとしても痛みをまったく感じない人は珍しくなく、いつの間にか飛び出した椎間板の量が減って自然に治ってしまうケースもあるとされます。病院で行われる治療方法として、ブロック注射が有名です。薬剤を用いて痛みの元になる神経の信号を妨げ、不快な症状を和らげてくれます。しかしブロック注射は一時的な効果に限定されるため、根本治療にはなりません。同時にリハビリやストレッチなどを取り入れるのがおすすめです。そんなリハビリをやってくれているのが松山市腰痛整体の超楽です。リハビリやストレッチ、マッサージなどを行うことで、腰や首周辺の筋肉を強化したり、柔軟性を取り戻します。他にも電気や超音波を取り入れた治療で、改善を目指す方法も存在します。

ツボ押しで腰痛改善

腰痛になると、常に付きまとうあの不快感によって、日常生活がままならなくなりますよね。仕事をしていても、腰痛が原因で全く集中できずに、作業効率・能率は劇的に下がります。また、せっかくの休日も、腰痛によって、有意義な時間を過ごすことができません。1日中家にこもりっきりで、気が付けば月曜日の朝がやってきます。結局、心身ともにリフレッシュできないまま、また仕事に向かわなければならず、いつまで経っても、この悪循環から抜け出せそうにありません。なので、腰痛が発症したならば、早急に適切な対策を講じたいものです。さて、腰痛に陥った際、皆さんはどういった対策を講じますか?患部を温めたり、逆に冷やしたり。磁器湿布を貼ったり、加圧シャツを着用したり。マッサージをしたり、ストレッチをしたり・・。多種多様な対策が考えられますが、個人的に最もおすすめしたいのが、ツボ押しです。ツボ押しは即効性が期待できるので、あの嫌な不快感がたちどころに改善する可能性があります。前述したような対策の場合、効果が現れるまでにはある一定の時間が必要となりますからね。そういう意味では、(ツボ押しというのは)まず一番に講じるべき対策だといえるでしょう。さて、腰痛に効果的なツボは、どこかと申しますと、膝の裏に位置する「委中(いちゅう)」がそれに当たります。腰痛に悩まされている人が、この委中を刺激されると、ビーンとくる圧痛に襲われることでしょう。我慢して、やや強めの力で刺激し続けましょう。3秒から5秒を押しては離し、という刺激を5分ほど繰り返せば、徐々に腰痛が緩和してくるはずです。押し方のコツとしましては、膝の皿の中心に向かうように、押すことを心がけましょう。この力の方向がとても重要なのであり、横や下に向かった(ズレた)のでは、思うような効果は期待できません。ですので、ツボ押しの際には、この点に注意して実践してください。それにしても、腰痛に対応しているツボが膝裏に位置しているなんて、なんだか不思議ですよね。まさにこの点こそが、東洋医学の粋であるツボ押しの極意なのです。人間の身体に無数に点在するツボは、一見関係のないように見えて、実は各症状・部位と密接なつながりがあるのです。例えば、足裏なんかは、まさにその典型です。足裏は、人間の身体の縮図といわれるほどに、たくさんのツボが存在しており、体の各部位とつながっています。普通、身体上に何かしらの不具合が生じたならば、まずは患部に直接的に働きかけたくなりますが・・。それではかえって症状を悪化させてしまいかねません。ツボ押しによって、体のめぐりをよくすることが、体にとって最も負荷のかからない(効率的な)改善策となるのです。というわけで、腰痛に悩まされている方は、ぜひ委中のツボを活用してみてください。きっと、症状が改善し、有意義な毎日が送れるようになることでしょう。ただし、前述したように、ツボ押しをする時間は5分程度に抑えてください。あまりに長く続けるのは考えものです。

ゴルフとスキーのための体作り

冬はスキー、夏はゴルフにはまっています。そのため、ジムには通っていませんが、体作りに気を使っています。足腰と体幹を意識して鍛えています。正確に言うと、なるべく鍛えるようにしている、状態です。やるときは週5回くらいやりますが、やらないと週1回くらいになってしまいます。さすがに1週間ぜんぜんやらない、ということはありません。

やっている内容は、四股ふみ、ジャンプ、腕立て伏せ、腹筋、背筋と体側を鍛えています。四股ふみは太ももやおしりの筋肉だけでなく、内転筋やすねの筋肉も鍛えられます。ジャンプは縄跳びの代わりです。縄跳びの要領で小さなジャンプを続けたり、垂直とびのように体全体を使ってジャンプします。普段、このように飛び跳ねる運動はしないので、結構きついです。腕立て伏せは腕を開いたり体側につけたりして鍛える筋肉を微妙に変えています。仰向けで二の腕のたるむところも鍛えます。腹筋はひざを曲げて足裏が床につかないように上げたままやります。まっすぐだけでなく、上体を起こすときに、右のひじと左のひざが当たるようにします。反対も同じようにやります。

毎日続けていると体も慣れてくるし、量をこなせるようになりますが、しばらく間が開くと同じ量をこなしてもきつい感じがします。やっぱり、続けてやらないと効果が薄れてしまうんだなぁと思います。最近、食事にも気をつけ始め、夕食はサラダと肉だけにして炭水化物をとらないようにしています。たぶん、2,3ヶ月すると効果が現れてくると思うので、がんばって続けます。

はじめまして

はじめまして、

愛媛に住む27歳の女子、マドリジョーヌです。

これからいろいろな出来事を日記に書き留めていきながら

女子力を上げるための奮闘記もアップしていけたらなと思います。

よろしくお願いします☆